できてしまったほうれい線を消すためのケアとメイク

時間が無くても知識が無くても
大丈夫な遺品整理

肌の推移

人間の肌は、年齢とともに変化していくものです。赤ちゃんの肌は、透明感にあふれていて、まるでむきたてのゆでたまごのようにツルッとしています。しかし、大人になっていくに連れて、肌のトラブルや悩みが増えていってしまいます。10代後半の思春期になると、ニキビや肌のベタつきに悩む人が多くなります。これは、成長期に差し掛かっている中でホルモンバランスが変化し、皮脂の分泌量が急激に増えるからです。男性ホルモンの分泌が盛んになり、過剰になった皮脂を毛穴がうまく排出できなくなってしまいます。そして毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が結びつき、ニキビとして炎症を起こしてしまうのです。高校生から20歳前後にかけて、このような思春期ニキビに悩む人は非常に多いですが、20歳を過ぎるとこのような肌トラブルは自然になくなっていきます。20歳を超えると、ホルモンバランスが安定するためです。

しかし、20歳を超えたら肌状態が安定するのかといえば、そうともいえません。思春期ニキビができなくなる代わりに、今度は肌の老化現象が始まってしまいます。一般的に、20歳を境に、身体の様々な機能は衰え始めるといわれています。例えば、免疫力や基礎代謝などはどんどん低下していってしまうのです。そして、そのような身体の老化にともない、肌に老化の影響が現れるようになります。特に、30代になると、肌の老化を実感する人は非常に多いと思います。

その代表的なものとして、シミやしわ、肌のたるみ、毛穴の開き、くすみ、ごわつきなどがあげられます。鏡の中の自分の顔を見て、老いを実感して悲しくなる人も多いのではないでしょうか。その中でも特に顔の印象を老けさせて見せるのが、ほうれい線です。ほうれい線とは、小鼻の左右から口元にかけて伸びているシワのことです。この部分のしわは、皮膚の筋肉の構造上、若い人でも誰でもあるものですが、若い人の場合には目立ちません。しかし、年齢を重ねるにしたがってほうれい線はどんどん深くなっていき、目立つようになってしまうのです。

このサイトでは、顔を老けた印象に見せるほうれい線について特集しています。若々しい外見を保つために、ほうれい線を目立たなくさせるためのケアやメイクアップ術などをご紹介します。

注目の記事

皮膚のたるみによるほうれい線 乾燥によるほうれい線
保湿ケアで解消 美顔器でケア ヒアルロン酸注射 メイクで消す